新日本エスライト工業株式会社 ロゴマーク 新日本エスライト工業株式会社 イメージマーク English
アクセス アクセス  サイトマップ サイトマップ  お問合せ お問合せ
 Menu   HOME  TOPICS  エスライトについて  製品情報  カタログ請求
 製品情報 イメージ写真
 製品情報HOME
 製品ラインナップ
 軌道パッドについて
 品質を守る技術
 研究開発
 詳しくはカタログをご覧ください
 カタログダウンロード

・このファイルをご参照いただくためには、別途「Adobe Acrobat Reader」が必要です。
・お持ちでない方はAdobe社のサイトよりダウンロードの上、ご利用ください。

Adobe Acrobat Reader
軌道パッドについて
 
 品質保証のエスライト製軌道パッド

軌道パッドの材質の規格は、主に次の2つがあげられます。1つは、タイプレートやレールの下敷きとして木マクラギの食込み防止や、レベル調整用パッキンとして使用されるもので、昭和30年にJRS(昭和36年にJIS-E1112)として規格化された第1種軌道パッド(硬質ゴム)であり、2つ目は、レールとコンクリートマクラギ等の間で衝撃緩和を図る目的のもので、昭和33年にJRS(昭和42年にJIS-E1117)として規格化された第2種軌道パッド(軟質ゴム)です。  50C2種 6×125×180mm
50C2種 6×125×180mm

軌道パッドの性能は、材料と製造方法によって決まります。エスライトの軌道パッドは全ロットJISに定めてある全ての試験項目に基づき品質管理を行っております。その試験項目の中に、ばね定数というものがあります。
ばね定数とは、荷重と圧縮歪量との関係を表す数値でMN/m(tf/cm)をもって示されます。
通常の第2種軌道パッドには、上下面に交互の溝が付いています。この溝は、各々の軌道パッドに定められているばね定数を調整するためのものです。軌道パッドに一定の荷重をかけた場合、圧縮歪量が大きい程ばね定数は低くなり、圧縮歪量が小さい程ばね定数は高くなります。



荷重(tf)
ばね定数(tf/cm)=

圧縮歪量(cm)


仮に、軌道パッドを1cm圧縮するのに要した荷重が100トンとすれば、その軌道パッドのばね定数は100tf/cmとなります。


下図50C形軌道パッドの場合、軌道パッドに5トンの荷重をかけたときの圧縮歪量が0.25∼0.49mmの間でなければならないということです。それを調整するのが軌道パッドの溝の形状寸法であります。溝の本数、形状寸法は、このような条件の基に計算、設計されており、重要な要素となっています。
軌道パッド図

毎日、厳重な品質管理を行い、各ロット毎に抜き取った製品による外観寸法検査、電気抵抗試験、圧縮変形試験、また製品から作成したテストピースによる抗張力、伸張率、弾性係数試験等を行っております。



詳しくはカタログをご覧ください カタログダウンロード


第2種軌道パッドの品質 表




50C形6×125×180mmの圧縮変形限界曲線と測定値 グラフ


詳しくはカタログをご覧ください
カタログダウンロード
 
・このファイルをご参照いただくためには、別途「Adobe Acrobat Reader」が必要です。
・お持ちでない方はAdobe社のサイトよりダウンロードの上、ご利用ください。

Adobe Acrobat Reader
PAGE TOP
copyright (c) SHIN NIHON ESLITE KOGYO INC. All Rights Reserved. リンク・免責事項プライバシーポリシー